【2018年最新版】WiMAXキャンペーン完全比較!一番高額のキャッシュバックを受け取れるプロバイダはどこ?

【2018年最新版】WiMAXキャンペーン完全比較!一番高額のキャッシュバックを受け取れるプロバイダはどこ?

WiMAXをお得に契約したいのであれば、必ずWEB上でキャンペーンを行っているプロバイダで契約しなければなりません。

これを知らずに家電量販店などで契約してしまうと、1~2万円損してしまう可能性だってあるのです。

ここでは、2018年4月の最新WiMAXキャンペーンを完全比較した上で、一番高額のキャッシュバックを受け取る事が出来るプロバイダを紹介しています。

目次

【2018年4月限定】最高額キャッシュバックはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB
各項目 料金
キャッシュバック料金 40,900円
1~2ヶ月目の月額料金 3,609円
3ヶ月目以降の月額料金 4,263円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 63,103円

2018年4月に最も高額でおすすめのキャンペーンがGMOとくとくBBで、なんと「40,900円」というから驚きです。

これは通常キャンペーンとは別で行われているものなのですが、実はWiMAXを始めとしたネット回線は3~4月が契約数が多い時期(引越しや進学、就職など新生活を始める人が多いので)ですので、この高額キャッシュバックを受け取れるキャンペーンを行うのは1年にこの時期しかありません。

↓↓下記URLからでないと、40,900円は受け取れませんので注意してください↓↓

GMOとくとくBBのキャンペーンを見る

※2018年4月1日~4月30日までの限定キャンペーンです。

どこのプロバイダで契約しても機能や繋がりやすさ、速度には差はない

まず始めに伝えたい事は、WiMAXはどこのプロバイダで契約しても機能や繋がりやすさ、速度には差がありません。

WiMAXのプロバイダはGMOやBIGLOBE、So-net等色々ありますが、全てのプロバイダはUQコミュニケーションズのWiMAX電波を借りて運用している為、どこで契約しても全て同じ回線を使用する事となります。(この仕組みをMVNOと言います)

つまり、UQコミュニケーションズが各プロバイダに回線を使わせてあげる代わりに集客してもらっていますので、各プロバイダは高額キャッシュバックで、顧客の奪い合いを繰り広げているのです。

その為、WiMAXの契約を考えている人から見たら、契約する月に一番お得なキャンペーンを行っているプロバイダで契約するのが一番賢いWiMAXの契約方法なのです。

失敗しないWiMAXプロバイダの選び方

WiMAXプロバイダを契約したいと思っている誰しもが、とにかく失敗だけはしたくないと感じていることは間違いありません。WiMAXは大変便利なサービスですが、このサービスを供給しているプロバイダが豊富にあるため、非常に迷いやすく不安になってしまうお気持ちはとてもわかります。実は筆者も散々悩んだ挙句、ようやくWiMAXのプロバイダを決断することができましたので、まずは失敗しないWiMAXプロバイダの選び方についての正しい情報をお届けしていきますね。

契約年数には2年と3年がある

失敗しないWiMAXのプロバイダ選びのためにまず知っておいて欲しいのは、プロバイダとの契約には基本的に2年契約と3年契約の2パターンあるということです。WiMAXはケータイやスマホの契約とは異なり、ネット上で済ませてしまうことが多いので、全ての契約内容を一通り自分で確認しておく必要がありますが、何も考えずに年数契約を結んでしまうと後で後悔してしまうことにつながります。

では、2年契約と3年契約のどちらがおすすめかと言われれば、筆者は自信を持って「2年契約」の方をおすすめします。その理由には色々とありますが、特に気になるのは3年もの間同一のWiMAX端末を使用していると、あらゆる問題が生じてしまう可能性があるという点です。

WiMAX端末はできるだけ短く使った方がお得

WiMAXの端末はスマホなどと同じ持ち運ぶ電子機器なので、故障をする可能性だって十分にありますし、年数が経てば当然新しい機種が登場し様々な機能がグレードアップしています。したがって、同一の機種を長く使えば使うほど損をすることになってしまうのです。

それでも、2年ではなく3年もの間契約を結ぶことでめちゃめちゃお得になるとかであれば話は変わってくるのですが、上述したリスクを超えるほどのメリットを3年契約によりユーザー側は受け取ることができません。

3年契約の唯一のメリットとは・・

唯一あげられる3年契約のメリットは、「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれるサービスが無料で利用できるという点でしょう。このサービスは、通常のWiMAXの電波の他に大手キャリアであるauの4G LTEの回線が使用可能になるLTEオプションですが、2年契約の場合は1000円ほどの料金を払う必要がある一方で、3年契約の場合は無料で利用が可能となります。

しかし、この「ハイスピードプラスエリアモード」で使用可能になるau4G LTE回線は基本的に使用することがなく、山間部などの全くWiMAXの電波が届かない場所で活躍する回線。筆者的には非常に限定的な使い方になると思いますし、このサービスのためにわざわざ3年もの間同一機種を使うことはやはりおすすめできませんね。

以上のような理由があって、WiMAXのプロバイダとの契約は基本的には2年契約をおすすめしています。契約をする際の参考にしてみてください。

スマホがauの場合はWiMAX料金がお得になる場合も

これは豆知識的な感じで覚えて欲しいのですが、スマホがauの場合でWiMAXを契約する際は「スマホ側の利用料が」月あたり最大1000円安くなるかもしれません。これは「au スマートバリューmine」というau側のサービスで、WiMAXのサービスを展開しているUQはKDDIのグループ会社であることから、auユーザーだけが恩恵を受けられる仕組みとなっています。

2年間の間に最大24000円もの金額分お得になるので、auユーザーの方は契約時の金額計算に「au スマートバリューmine」の分もしっかりいれておきましょう。

詳細は各プロバイダの公式サイトやauの公式サイトをご参照してください。なお、サービスの適用にはau側への申請も必要になるので、プロバイダと契約しただけでは意味がないということもしっかり覚えておきましょう。

最新端末を選ぶようにしよう

WiMAXのプロバイダ選びで失敗しないためには、最新端末を選ぶようにすることが非常に大切です。一見当たり前のことに感じますが、実はこれが結構落とし穴なんですよ。というのも、一般的なケータイやスマホならば、最新機種に関する情報はテレビやネット上などで盛んに宣伝されていますし、店頭にも新しいスマホがおいてあったりするので、例えば新しいiPhoneを買おうとしてiPhone8が出ているのにiPhone6を選んでしまうことはないですよね?

ですが、WiMAXの機種選びになると途端にiPhone6のような最新ではない端末を選んでしまう方が非常に多いのです。その理由としては、ユーザー側が握っている情報が極端に少ないということと、ネットでの契約といった点があげられます。

WiMAXは新機種がわかりづらい

WiMAXは誰もが利用するサービスではないため、スマホなどと比べて情報の流通量が少なく、ましてや機種に関わる情報となるとしっかり把握しておくことはかなり困難であると言えます。また、契約も基本的にはネット上で全て済まされるので、実際に端末を目にする機会がないまま、自ずと最新機種がどれなのかもよくわからずに勢いのまま契約をしてしまいやすいのでしょう。

こうなってしまっては、後で後悔してしまうのは明らかですよね?WiMAXの端末もスマホと同様に日進月歩の世界なので、半年に一回は新機種が出てくるくらいに思っておいた方が良いです。となると、最新機種を手に入れるべきであると言えますので、契約の際は気をつけましょう。

機種選びではクレードルもポイントに

また、機種を選ぶ上でよく質問に上がるのが「クレードル」についてです。普段の生活では聞くことのないワードですが、クレードルはWiMAX端末の専用スタンドのことで、本来無線でしか使用できないWiMAXを有線LAN接続することを可能にしてくれるモノになります。有線ケーブルをつなぐためのポートが存在するので、そこから接続したい機器までつなぐだけで無線よりも安定した通信環境を整えることが可能です。

回線の安定性を追求したい方は、間違いなく無線よりも有線LANでの接続の方がおすすめなので、契約の際はクレードルも欠かさずに手に入れておきましょう。ちなみに筆者は格ゲーを嗜んでいるため、クレードル付きのWiMAXで快適にゲームを楽しんでいますよ!また、クレードルが充電スタンド代わりにもなるので、これも地味にクレードルを使うことで得られるメリットであると言えるでしょう。

なお、クレードルの注意点としては、契約時にクレードル無しの場合に比べて数千円程度機種代金がかかってくる場合があるので、しっかり覚えておきましょう。

2018年4月の各種プロバイダキャッシュバック比較表

おすすめのキャンペーンをひとつずつ紹介していく前に、2018年4月の各種プロバイダのキャッシュバック比較表を見て頂こうと思います。

プロバイダ名 キャッシュバック料金 月額料金( 二年間使用した時の総額
GMOとくとくBB 40,900円 4,263円 63,103円
So-net 30,000円 4,050円 61,060円
BIGLOBE 33,000円 4,380円 69,370円
カシモWiMAX 0円 3,380円 80,120円
@nifty 0円 4,100円 97,040円
Broad WiMAX 0円 3,411円 83,494円
DTI WiMAX 0円 3,760円 90,900円
UQ WiMAX 10,000円分の商品券 4,380円 106,752円

※月額料金はそれぞれ3ヶ月目以降の月額料金です。

今月最高値のキャッシュバック料金を付けているのが「GMOとくとくBB」で断トツおすすめです。

先程も説明した通り、WiMAXはどこで契約したとしても機能や繋がりやすさなどに差は出ず、キャッシュバック料金などで決めるのが正しい契約方法です。

それぞれのプロバイダの詳しい説明や特徴は以下をお読みください。

今月一番お得なキャンペーンはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB
各項目 料金
キャッシュバック料金 40,900円
1~2ヶ月目の月額料金 3,609円
3ヶ月目以降の月額料金 4,263円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 63,103円

圧倒的な高額キャッシュバックで人気なのが「GMOとくとくBB」です。

他のプロバイダと比較しても、キャッシュバック額で見れば断トツで高額である事が分かります。

GMOはWEB関連のサービスを幅広く展開しており、ズバ抜けた集客力があるからこそ、この高額キャッシュバックが実現出来ていると考えられます。つまり薄利多売の戦略を取っているという事ですね。

GMOとくとくBBの詳細を見てみる

Sony子会社で信頼度抜群のSo-net

So-net
各項目 料金
キャッシュバック料金 30,000円
1~2ヶ月目の月額料金 980円
3ヶ月目以降の月額料金 4,050円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 61,060円

So-netはSonyの子会社であるという事もあり、ネット回線の知識があまりない層からの人気が非常に高いです。

他のプロバイダと比べて月額料金が若干安く、2年間使用した時の総額で見ると結構なお得感を感じる事が出来ると思います。

契約後のログインページやメール表記も見やすく分かりやすいので、キャッシュバックの受取を考えるとSo-netはおすすめです。

So-netの詳細を見てみる

月額利用料割引で最安級のカシモWiMAX

カシモWiMAX
各項目 料金
キャッシュバック料金 0円
1~2ヶ月目の月額料金 1,380円
3ヶ月目以降の月額料金 3,380円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 80,120円

今回ご紹介している中で実質的な利用金額が最も安いのは一番最初に紹介している「GMO とくとくBB」ですが、弱点としてキャッシュバックによる価格補填で結果的に安くなるといった点が挙げられます。WiMAXプロバイダのキャッシュバックサービスは受け取るために行わなければならないことが結構があるので、中には「受け取れなかった」と悲鳴をあげている方もいらっしゃるんです。

もちろん、各社のキャッシュバックサービスをしっかりと自分で理解していればこうはなりませんが、「ちょっと不安だな」と感じている方には、こちらの「カシモWiMAX」がおすすめです。カシモWiMAXは業界最安級の2年間実質利用料が80,120円となっていて、「GMO とくとくBB」と比較するとやや高めにはなっていますが、月額料金による値引きなので確実に80,120円にて利用できるのがありがたいですね。

キャッシュバックをもらえなかったらものすごい額を損してしまうので、「確実に最安級価格でWiMAXを使いたい」と感じている方には、カシモWiMAXはおすすめできるプロバイダです。

なお、カシモWiMAXは「新古品」の機種を取り扱っていると公式サイトに記載しています。新古品といってもショップ展示品やユーザー利用の中古端末ではないとのことなので特に問題はないとは思いますが、「この点が気になるけど月額料金からの割引がいい」という場合には、先ほどご紹介した「Broad WiMAX」についてもチェックしてみてください。

カシモWiMAXの詳細を見てみる

サポート体制がしっかりしているBIGLOBE

BIGLOBE
各項目 料金
キャッシュバック料金 33,000円
1~2ヶ月目の月額料金 3,695円
3ヶ月目以降の月額料金 4,380円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 69,370円

元々インターネット回線業者として有名なBIGLOBEですが、WiMAXや格安SIM産業に参入するなど、ネット関連はBIGLOBEだけで揃えられるレベルになっています。キャッシュバック料金で見るとSo-netとあまり大差はないのですが、月額料金の面で見ると若干負けていますので、そのどちらかで見るならSo-netに軍配があがってしまいますね。

ですが、口座振替により料金の支払いができる点は、BIGLOBEにだけ許された特権であると言えます。たいていのWiMAXのプロバイダはクレジットカードによる支払いが前提となっていて、クレジットカードでないと受けられない割引サービスもあったりします。

このご時世仕方がないのもわかりますが、一方で口座振替により支払いたいと思っている方ももちろんいらっしゃるでしょう。クレカを持っていない学生さん方は、特にそう思うはずです。したがって、クレカなしで使えるWiMAXという点ではBIGLOBEが唯一無二の存在であると言えるでしょう。

BIGLOBEの詳細を見てみる

キャンペーンで月額料金が3ヶ月無料の@nifty

@nifty
各項目 料金
キャッシュバック料金 0円
1~2ヶ月目の月額料金 3,420円
3ヶ月目以降の月額料金 4,100円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 97,040円

現在キャンペーン中でキャッシュバック料金プラス月額料金が3ヶ月無料になる@nifty。

こちらも大手プロバイダで名前を聞いた事がある人が多いのではないでしょうか。

月額料金が3ヶ月無料になる事は魅力的ですし、契約後すぐに支払いが発生しないのは嬉しいのですが、無料期間終了後の月額料金が他のプロバイダと比べると若干高く、2年間使用した時の総額を比べると他のプロバイダと大きな差は出ません。

@niftyの詳細を見てみる

キャッシュバックではなく月額利用料割引のBroad WiMAX

Broad WiMAX
各項目 料金
キャッシュバック料金 0円
1~2ヶ月目の月額料金 2,726円
3ヶ月目以降の月額料金 3,411円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 83,494円

続いてご紹介するのが「Broad WiMAX」です。Broad WiMAXは業界最安級と銘打っている通り、月額費用がギガ放題3年プランで2,726円という点が非常に魅力的。ここまで月額料金が下がるのは、初期費用を大幅にカットしていて、さらに他社でいうキャッシュバック分を月額料金から割引してくれているからなんです。

一般的なWiMAXのプロバイダでは多額のキャッシュバックで割引感をアピールすることが普通ですが、キャッシュバックをもらうに当たっての注意点も色々と存在します。なので、このように単純に月額料金から割り引いてくれるのはユーザーからすればありがたいと言えますね。

あとでお金をもらうんじゃなくて、月額利用料から割引してもらった方がありがたいよ!」と思われている方には、Broad WiMAXがおすすめできます。

なお、Broad WiMAXは3年契約が基本になりますので、その点はご注意ください。

Broad WiMAXの詳細を見てみる

全国のレジャー施設やレストランでの優待が受けられるDTI WiMAX

DTI WiMAX
各項目 料金
キャッシュバック料金 0円
1~2ヶ月目の月額料金 2,590円
3ヶ月目以降の月額料金 3,760円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 90,900円

「DTI WiMAX」は月額利用料金が2,590円という点が最も魅力的であると言えますが、価格という点以外にも、DTI WiMAXと契約してDTI会員になることで全国のレジャー施設やレストラン、居酒屋など様々な店舗にて優待を受けられる点が、他にはないとてもユニークな魅力であると言えます。WiMAXは単純な月額利用料やキャッシュバックなどの価格面だけに目が行きがちですが、こういった部分で上手にサービスを利用すれば知らないうちに大幅な得をしているなんてこともあるかもしれませんよ?

先ほども申し上げた通り、WiMAXはプロバイダが変わったとしても、通信速度には変化がありません。また、競合が多く価格競争が年々激化していますが、その分サービス面が削られてしまっていることも否定はできないのです。よって、「価格だけじゃなくて総合的なサービス面にこだわりたい!」と思われている方にDTI WiMAXはとてもおすすめできるプロバイダですよ!

DTI WiMAXの詳細を見てみる

やっぱり安心感のあるUQコミュニケーションズ公式

UQコミュニケーションズ
各項目 料金
キャッシュバック料金 10,000円分の商品券
1~2ヶ月目の月額料金 3,696円
3ヶ月目以降の月額料金 4,380円
事務手数料 3,000円
2年間使用時の総額費用 106,752円

「UQ WiMAX」という名称がありますが、そもそもWiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

上記で紹介しているプロバイダは全てUQコミュニケーションズからWiMAX周波を借りて提供している訳であって、このUQコミュニケーションズがWiMAXの本家とも言えます。

しかし、本家UQコミュニケーションズではキャッシュバックキャンペーンはやっていませんし、その代わりとして「10,000円分の商品券」が貰えますが、やはり他のプロバイダの特典と比べるとちょっと弱いです。

その一方で、本家ですのであらゆるトラブル対応などは迅速ですし、信頼度、安心感は別格です。

料金とかは気にしないから安心してWiMAXを使わせてほしい!」という人はUQコミュニケーションズ公式サイトで契約するのが一番かなと思います。

UQ WiMAXの詳細を見てみる

WiMAXのキャッシュバックはすぐに受け取る事が出来ない

WiMAXを契約する上で注意して欲しいポイントが「WiMAXのキャッシュバックはすぐに受け取る事が出来ない」という点です。

基本的にはキャッシュバック受取資格を得る為には「1年間WiMAXを継続利用する」という条件がありますので、キャッシュバックの受取は1年後からというプロバイダが多いのです。

更に、WiMAXのキャッシュバック受け取り難易度が高いプロバイダも存在するので、受取方法等をしっかりと確認した上で契約するようにしてください。
参考:WiMAXのキャッシュバックは受け取り難易度が高い?面倒な場合は月額割引で契約するのもアリ!

キャッシュバックの受取易さでプロバイダを選ぶとしたら、おすすめはSo-netかBIGLOBEになります。

キャッシュバックの受け取り方が面倒だと感じたら月額割引キャンペーンで契約するのもアリ

各プロバイダのキャッシュバック受取方法を確認した上で面倒だなと感じた場合は、各プロバイダ月額割引キャンペーンを実施していますので、そちらで契約するのもアリです。

月額費用が発生する日から割引きされるので、面倒な手続きも不要で、「キャッシュバック本当に受け取れるのかな・・・?」と不安になってしまう人には非常におすすめです。先ほどご紹介したプロバイダの中ですと、特に「カシモWiMAX」が最もお得に月額割引を受けられるプロバイダとなっていますので、チェックしてみてください!

WiMAXをお得に契約する為に知っておくべき事

ここから先はWiMAXをお得に契約する為のコラム(読み物)となっています。

正直、光回線や携帯電話などの契約って詳しくない人から見ればかなり難解で、消費者を騙そうとしてるんじゃないの・・・?と思ってしまう程です。

詳しい人が身近にいるなら一緒に契約を見守ってくれれば良いのですが、そんなに都合良くそんな人は現れてくれませんので、WiMAXを長年愛用している私がWiMAXをお得に契約する為に知っておくべき事を紹介していきます。

WiMAXには無印とWiMAX2+がある

もう知る必要もない話になりつつあるのですが、WiMAXには何も印が付かないWiMAX(無印)とWiMAX2+の2種類があります。

これは通信構造上の違いで、仕組みまで理解しようとするとかなり長文になってしまうのですが、WiMAX2+の方が新しく速度が速いという認識で構いません。

例えるなら、スマートフォンやタブレットなどの接続技術で3G回線と4G回線があると思うのですが、それと一緒と考えてしまって大丈夫です。

詳しくは「WiMAXとWiMAX2+の違いって何?ギガ放題とは?」という記事で詳しく解説しています。

この記事では更に「ギガ放題」というプランについても解説していますので、契約前に読んでおいて損はないでしょう。

WiMAXはどこで契約するのが一番お得なの?

WiMAXはネット上での契約だけではなく、家電量販店などでも契約する事が出来ますが、一番お得に契約する方法は「ネットでプロバイダの公式サイトから直接契約」です。

これは「WiMAXはどこで申し込んだら良い?一番お得に契約出来る方法を解説します!」で詳しく解説しているのですが、公式サイトから契約する方法が一番キャッシュバック料金が高いからです。

この理由は簡単で、家電量販店などの実店舗よりもネット上での契約の方が人件費などのコストがかかっていないから、その分キャッシュバック料金を高めに設定出来る為です。

色々と分からない事を質問してから契約したいという人は確かに実店舗での契約が向いていますが、ネット上で契約出来るプロバイダでもサポートダイヤルが用意されていますし、費用が一番抑えられる方法を選ぶのが賢い契約方法かなと思います。

WiMAXには速度制限があるけど実質使い放題に近いくらい緩和されている

WiMAXには使い過ぎによる速度制限・通信制限があるのですが、今まで「3日で3GB」で速度制限がかかっていたのに対し、2017年2月2日から「3日で10GB」と大幅に規制緩和がされました。

詳しくは「WiMAXが3日3GB制限から3日10GB制限に大幅規制緩和!実質使い放題へ」の記事を読んで頂きたいのですが、普通にネットを楽しむ程度に使っている人は3日で10GBなんてほぼ到達しないレベルであり、実質使い放題に近いレベルになっています。

年々通信速度の向上やエリアの拡大など、進化し続けているWiMAXですが、速度制限もここまで緩和されるとなると、これからもWiMAXを愛用し続けたいなという気持ちは強くなっていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です